Waking Away

ウォーキングは食事前に行うのが効果的

体脂肪率が女性であれば30パーセント、男性であれば20パーセント以上であると肥満とされています。
しかし、何もしなければ、この脂肪はなかなか落ちることはありません。
そこで、有効的な手段として、ウォーキングを挙げることができます。
ウォーキングであれば、場所や時間帯を選ぶことなく、さらに体の負担をかけることなく行うことができるというメリットがあります。
また、ゆっくりとした有酸素運動でもありますから、脂肪燃焼効果があります。
ただし、ウォーキングを行う場合は、食事をする前に行った方が、より脂肪燃焼効果を高めることができます。
食事前は、エネルギーが少ない状態ですから、ウォーキングをしてから少し経つと脂肪も燃焼することになります。
しかし、食事後だと、動きも悪くなりますし、食べた栄養がエネルギーとして使われるため、なかなか脂肪が燃焼されません。
ただし、運動前は、少しだけ糖分を摂っておくことが重要です。
これは、血糖値が下がってしまって、倒れてしまうことがあるからです。
ですから、例えば、飴玉をなめて運動をするなどの対策が必要になります。

ウォーキングと食事制限で健康的に

不規則がちな生活をしていると、どうしても体が鈍ってしまい思うように動かなくなり、体の脂肪も蓄積されて肥満体質になってしまいます。
そういった時には適度な運動と食事制限が必要になります。
中でも毎日やると良いのが、ウォーキングというもので、1日半時間は歩くと代謝率も上がり痩せやすい体になっていくというものなので、無理なく運動をしたいというのであれば、歩くということをしてみるのも良いかもしれません。
ウォーキングは歩く力をつけるという意味でも、最も効果的ですので将来のために足腰を鍛えるという意味でも、出来るときは歩くように、心がけてみましょう。
合わせて食事制限などもしてみると、更にダイエットには効果的ですので、炭水化物を摂りすぎたりした時には、野菜を多く取り入れてみるようにしましょう。
野菜も、代謝アップに必要な成分が含まれているものもあるので、健康を維持するのに野菜とウォーキングは最も効果的です。
毎日続けれるように、自分のペースで行いましょう。

おすすめWEBサイト

ダイビングを博多で楽しむ
https://www.marea-fukuoka.jp/

最終更新日:2017/4/13